セブン-イレブンでnanaco払いする時の方法!擬似クレジット払いを解説!

nanaco払いをすることで擬似的にクレジットカード払いにして、公共料金の支払などでもクレジットカードのポイントを貯める技は多くの方が見たことや聞いたことがあるかもしれません。その仕組みを少し解説すると「nanacoにクレジットカードチャージすることで、クレッジット払いになりポイントが貯まる」というものです。

nanacopay

注意点:nanacoチャージでポイントが貯まらないクレジットカードもあります!

オススメは楽天カードYahoo! JAPANカードのJCBブランドです。
これなら貯まったポイントも使いやすいです。

公共料金などは口座引落にするより、コンビニ払いなどのしてnanaco払いにするとクレジットカードのポイントは貯まるし、毎月の料金も把握できるので、無駄をなくすように節約にもなると思います。

健康保険税や、市税などの支払いなども口座引落なども選択できますが、自ら払う選択をすることで税金を払っている意識づけができますね!

注意点はカード一枚につき5万円までなので、5万円以上の場合はまごつきます

基本的にnanaco払いに変えるだけでクレジットカードのポイントが貯まるという良い方法なのですが、1回の支払いが5万円を超えた場合、レジでややもたつきます

特にコンビニのレジのバイトさんで慣れてない場合は、「足りません!」とか「出来ません!」なんて弱音を吐かれたり「店長クラスの人を呼びに行ったり」と面倒なこともありますので、レジでの対応を紹介します。

対応1:2枚以上のnanacoを用意しておく

この場合は、紐付けするクレジットカードが複数入ります。しかしレジでの対応は楽で、nanacoカードを2枚見せ

「nanacoカード2枚で払います!」

とすれば10万以内の支払いなら、スムーズに支払いが可能です。

対応2:支払い→レジで残高確認→支払い

1枚のnanacoカードには実はカード残高では5万までですが「センター預かり」というものがあり5万円チャージでき1枚で10万円まで支払い可能です。

その為、5万円を超える支払いの場合は、センター預かりに貯めておいて残高確認することで支払い対応ができます。しかし、この時店員さんが慣れていないと「出来ません!」とか言われてしまいます。私は何度か、これに会いましたので、対応方法を紹介しましょう。

私「nanacoで支払います!」

レジ店員「こちらにカードをお願いします」

レジ「ピローンという異常音」

レジ店員「(はぁ~って顔で)お客さん、残高足りてませんよ」

私「一度支払いして、残高確認しますので、一旦支払いにしてください!」(ここ重要)

レジ店員「(レジ操作して)支払い完了、残高確認お願いします・・・(続く)」

といった流れです。「一旦支払い」というところが重要で、5万入っているカードにいくら残高確認しても入りません。レジの人はいつも一旦支払いが出来ない方が多いです。

ビックリマンのヘッドロココ並みに同じことを繰り返しましょう。

一度支払いして、残高確認しますので、一旦支払いにしてください!

店員に出来ないなんて言わせたらいけませんよ!絶対にできるんですから。

 

nanaco払いでクレジットカード払いに出来るものは多いです。公共料金(水道)、健康保険税・市税・自動車税・固定資産税など色々含めますと年間100万以上の支払いになることは多いです。

支払い方法を変えるだけで1万円以上分得するわけですから、これほど楽でお得なことはありません!

是非、この方法は活用してください。利用するクレジットカードは還元率を高めるなどで選択する事もできますが、サービス改悪リスクなどを含めると楽天カードYahoo! JAPANカードのJCBブランドが個人的には最もおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ