楽天証券で楽天カードのクレジット決済で投資信託の積立可能に!もちろんポイントが貯まる!

2018年10月28日に楽天カードからクレジット決済で投資信託の積立ができるようになりました。

rakutencardtumitate

楽天カードから投信積立をすることで、決済額に応じて楽天スーパーポイントが付与されます(100円につき1ポイント)。つまりこの低金利の時代に、決済方法を選択するだけで1%還元が約束されるという超お得な状況になります。

投資信託の積立を普通に購入していた方は、楽天カードから投信積立を利用することで普通に1%の利回りが得られると考えれば、これがどれだけお得なことなのかわかると思います。

rakutencardtumitate1

なお、毎月の積立上限額は5万円までです。年間で60万まで可能で500Px12ヶ月の6000ポイント、年で貯めることが可能ですね。

投資信託には全く興味が無いという方、私もそうです。でもそういった方も最後まで読んでください。楽天カードのクレジット決済で出来るならちょっとやってみようかなという気になると思います。また、投資信託の積立を普通にやっているという方も、決済方法を変えるだけで+1%の還元が出来るわけですから検討すべき案件でしょう。

カード決済で投資信託積立に必要なもの

  1. 楽天証券
  2. 楽天カード

今回のサービスは、楽天商圏がフィンテックサービスとして作り出した画期的な方法ですので、楽天証券楽天カードが必要となります。どちらも口座管理費や年会費は無料ですので気軽に作れます。

楽天証券の情報(手数料など)とIPOルールに関して

楽天カードのクレジットカード情報詳細(入会費、年会費、ポイント還元、付帯情報など)

参考に詳細情報を載せておきます。実際、私のメインクレジットカードは楽天カードです。証券会社は複数の証券口座のいいところを利用していますが、楽天証券は大口優遇の要件が緩いことで信用取引の手数料を無料に出来るのでメインの取引口座になりつつあります。

株主優待クロス取引おすすめ証券会社、楽天証券は大口優遇が他社より要件軽くお得!

楽天証券

楽天証券は5大ネット証券の一つ、特に楽天グループの強みがあります。

楽天カード

もう多くの方がメインのクレジットカードに楽天カードを利用しているかもしれません。

楽天カードで投資信託を積立購入する手順

楽天証券楽天カードが準備できたら、楽天カードの投資信託積立手順は簡単です。

rakutentumitate1

まずは楽天証券の口座にログインして、投信タブの積立注文を選びます。

そこから積立注文する投資信託を選びます。

rakutentumitate2

一例として「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」を選択してみました。買付手数料なしで管理費用もかなり低い(0.1728%)投資信託です。日本の債券に連動する、超低リスク商品ですね。パフォーマンスが1%以内でで落ち着いているので楽天カードのポイント1%還元を考えればかなり安全に運用できます。

rakutentumitate3

それでも設定来で見れば綺麗な上昇直線です。

手順に戻りましょう。「積立注文」ボタンを押します。

rakutentumitate4

「楽天カードクレジット決済」を選択

rakutentumitate5

楽天カードのカード情報を入力。

更にその下の「積立金額(50,000まで)」「分配金コース(再投資型か受取型)」「口座の選択(特定か一般)」を選べばOKです。

分配金コースはすぐ売るつもりの人は受取型、再投資して複利効果を得たい人は再投資型ですね。特定か一般はよっぽどの人以外は特定口座でしょう。

rakutentumitate6

無事に設定が完了しました。設定締切日まではいつでも変更が可能です。これが完了すれば、毎月50,000円が楽天カード払いで積立投信されることになり、その結果該当の楽天会員の楽天スーパーポイントが500ポイントプラスされることになります。

積み立てた投信はいつでも売却することが可能です。国内債券インデックス型は変動リスクのほとんどない投資信託であり、投資信託でのインデックス運用など試みたい方は、様子をみて売却してもいいですし、とにかく楽天カードのポイント目当てという方は買付け後、すぐ売却という手も可能です。すぐ売却の場合は積立実行されたあと、すぐに売却という手間が毎月かかりますが気にはならないでしょう。

ただ、投資信託の即売却は「ポイント目当ての商品購入」としてお咎めを食らう可能性もありますので注意してください。個人的には低リスクで運用益を求めない緩い資産運用なら多少持っておいてもいい(積立預金みたいなつもり)のではと思いますし、これを機会に月5万円をなにかしら投信積立に挑戦してみるのもありだと思います。

購入する投資信託は?

投資信託の運用はしたことがない、投資信託はなんとなく手数料が取られて損をするのではないか?自分で株や債券を買ったほうがいいという方も今回は注目すべきだと思います。むしろこれをきっかけに投資信託にも目を向けられればと思います。

今回は「そもそも投資信託なんて買いたくない」という方にも、楽天スーパーポイントの1%還元という大きなメリットがあるので参加すべきでしょう。

そんな方にもオススメの投資信託は何か調べてみましょう。

結論を言うと「変動リスクが小さく」「手数料が小さい」ものです。具体的に言うと「国内債券型(為替変動リスクや価格変動リスクが小さい)」で「管理費用が低いもの」ですね。

rakutentumitate9

楽天証券には「投信スーパーサーチ」という便利なものがあります。そこから左のタブで「積立あり」「国内債券」「販売手数料なし」などでサーチしてください。

国内債券型の投資信託は少ないのですぐに絞れると思います。

rakutentumitate7

そこから管理費用が小さいものを昇順で表示すれば手数料もあまりかからないものが見つかりやすいです。

私はどの投資信託を選べばいいか?オススメかという議論をするつもりはありません。今回はとにかくカードのポイントを得るにはどのような投資信託が良さそうか?で考えています。

上記のリストで出ているのであれば純資産の大きい「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」が安心感もあるということで私は選んでいます。ある程度、すぐに売却するつもりであれば管理費用の0.02%程度の差は気にならないと思います。

運用益も狙いたいという方は「投信スーパーサーチ」を利用していろいろ調べてみるのも手です。


実は楽天証券では楽天スーパーポイントを利用した投信積立購入もできます。楽天スーパーポイントは、どんどん1P=1円の価値と同等になってきていて、楽天商圏の色々なサービスで使えるのが特徴です。

今回の楽天カード決済で積立投信ができ、さらにポイントが貰えるというのは「楽天」ブランドが率先してできるサービスで、目をつけた投資家からどんどん利用してくことが予想されます。怖いのはサービスの改悪ですが、利用できる限りは早めに利用して「お得を享受したい」ですね。

利用には楽天証券楽天カードが必要です。ない方は是非作成を、お持ちの方は試してみてください。

楽天証券

楽天証券は5大ネット証券の一つ、特に楽天グループの強みがあります。

楽天カード

楽天カードは5,000ポイントプレゼントもあるので、そちらも貰っておきましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ